ケアマネージャーのお仕事・役割

介護が必要な状態になってしまっても、多くの方が自宅で生活をしたいと答えます。
そのような希望に応える為に、それぞれの方に合った計画を立てて生活のサポートを行なうのがケアマネージャーの基本的な業務となります。

始めにどういった介護サービスをどの頻度で行なうかというようなケアプランを立てます。
お体の状態、ご家族の事情、そして本人の意思を総合して考えて立てることになりますので、今後を左右する大きな役割をになっていると言えるでしょう。
続いて地域の中のサービス担当者作戦会議を行い、基本となるチームケアの要として、その時々の状態に合わせたサービスが受けられるように、事業所間の調整を行ないます。

また、地域連携の一環として研究会に多く参加し、医療関係者やソーシャルワーカーなどとの交流を通してスキルアップを目指したりすることは、地域医療のネットワークの構築にも重要な要素となります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事