理学療養士の仕事とは?

事故や加齢により、体の機能が失われてしまったら手術や薬だけでは元に戻すのは難しいので、理学療法を行う必要がありますよ。

理学療法にも種類があり、体操などによる運動療法や電気や温熱による物理療法などを行うことで、体から失われた基本的な機能を取り戻したり、病気や怪我を予防することができるのです。

理学療法を行う理学療法士は、他の医療スタッフと連携してご本人の基本的な動作を回復する手伝いを行うのが仕事です。

手術の前後から携わって回復を促し、社会や日常生活への復帰を目指したり、生きがいを持って自分らしく生活できるようサポートを行うのです。

患者や高齢者のみならず、アスリートの怪我を予防するために、様々な場所で活躍していますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事