今後の介護資格の取得方法とは

高齢化に伴い、介護職へのニーズが高まっていますが、介護職の資格については時代とともに変化していますので、現在の介護資格についてご紹介いたします。

古くから訪問介護として広く知られているホームヘルパー2級の資格は、現在では介護職員初任者研修という名称に変わっています。

介護福祉士になりたくて、資格取得のための勉強をしようと考えている人もいるかもしれませんが、介護福祉士は実務者経験が3年以上あることが前提になっていますので、介護福祉士実務者研修という資格を修了している必要がありますよ。

介護職員初任者研修は資格を取得したらすぐに働くことができ、介護福祉士実務者研修は実際に働けるまで期間がありますが、介護福祉士の資格試験を受ける時に実技を免除できるというメリットがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事