介護職員初任者研修の資格について

介護職員初任者研修とは、平成25年度に廃止されたホームヘルパー2級と同程度の内容を持ち、介護職に関わる資格の中でも入門の資格として扱われます。
介護の知識や技術が学べるのはもちろん、被介護者や高齢者との付き合い方や、介護・福祉に関する考えも学べるので、介護や福祉関係で働く方にとって実用的な資格と言えるでしょう。

合格率90%以上の簡単な資格であることから、介護の仕事をする方だけでなく、将来ご家族を介護するかもしれない方が事前に介護の知識を身につける為に受けたり、現在ご家族を介護している方も知識を広める為に取得することがあるようです。

介護施設で働く場合には特に必須という訳ではありませんが、基本的に1人で介護を行なう訪問介護、ホームヘルパーとして働く場合には必須とされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事