相談援助で利用者をサポートする仕事

高齢化により介護を必要な人が今後もどんどん増えていきますので、福祉の知識や資格を持つ専門職の需要が高まっているのです。

その中でも相談援助の仕事は、市役所の職員だけでは解決が難しい介護に関する相談や情報提供を行う仕事です。

利用者の自宅に訪問して、直接面接を行うことにより、問題点や利用者の状況を確認するのです。

利用者の中には、認知症や物忘れ、精神などの障害により、自分自身でどんなサービスを受けたいのか言うのが難しいため、直接会って困っていることなどを理解して、適切なサービスをご提供することが大切なのです。

高齢者がスムーズに介護サービスを利用して、自分らしく生活できるようになるには、相談援助職だけでは解決できない問題もあるため、他の職種との連携が重要ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事