栄養士はどんなサポートを行うの?

利用者さんが何歳になっても毎日食事を楽しめるよう、福祉施設で働いている栄養士はバランスの良い献立を作ったり、食事に関することで利用者さんを支えるのが栄養士の役割です。

献立の確認を行って利用者さんに昼食を紹介したり、厨房のミーティングに参加して料理人と連携を行ったり、味見をして利用者さんに提供できるかどうかを判断します。

さらには担当者会議に参加して、利用者さん一人ひとりが食事をしっかりと摂れているのか確認します。

栄養に関することなど、他の施設の栄養士とも情報共有を行ったり、利用者さん皆さんの健康を維持促進するために工夫を行っています。

考えた食事を美味しいと直接言ってもらえる仕事ですから、やりがいのある仕事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事