介護職員の待遇改善の条件

介護保険制度では、事業者に支払う介護報酬額は国が決めていますが、今回の「介護職員処遇改善加算」により、職員の待遇を良くする事業所に対して更に上乗せした金額を支払うことが決まりました。
この上乗せ分の金額で介護職員のお給料を増額し、更なる待遇改善に努める目的があります。

加算される為には、介護職員がいい条件の中でやりがいのある仕事が行なえる環境の提供、さらにキャリアアップを目指す職員に対してバックアップする体制が整っていることが必要です。

この改善案により、今まで1人当たりの職員に対して月最大1.5万円程度だった給与の増額が月最大2.7万円程度まで増やせることになり、介護職員のお給料が大きく改善されるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事