介護の仕事の種類とは

福祉や介護業界では、いったいどのような資格があるのか知っていますか?

介護支援専門員はケアマネージャーとも呼ばれていて、利用者と事業者の間に立って介護プランを策定したり、手続きを行うこともあるため、広い知識を求められています。

社会福祉士は国家資格で社会福祉の専門職であり、高齢者だけでなく障害者に対して相談に乗り、スムーズに日常生活が送れるようアドバイスや指導を行っています。

介護福祉士は唯一の国家資格である介護資格ですが、利用者の日常的な介助を行い、健康的な生活が送れるようにサポートを行っていますよ。

これらの資格を取得していると、介護の現場での信頼度がアップしたり、給料にもつながりますので介護の仕事が気になる方は取得しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事