理学療法士になりたいなら

理学療法士は、介護施設ではレクリエーションなどの機能訓練により利用者さんのリハビリに関わる職種ですが、具体的にどんな仕事を行っているのか知っていますか?

加齢など様々な要因により体に障害を持つ人に対して、身体機能の維持や回復を促すための指導や訓練を行うという仕事を行っているのです。

日常生活に必要な歩行などの訓練を行ったり、電気刺激による物理療法などにより利用者さんの自立を支援していますよ。

理学療法士になるためには、理学療法士の国家資格に受かることが必要があり、利用者さんやご家族と関わるのでコミュニケーション能力が求められますし、訓練や治療を行うためには体力や包容力なども重要なのです。

高校卒業後に、理学療法士を養成する大学などに通って国家試験に合格する必要がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事