介護施設における理学療法士の役割とは

脳梗塞などの疾患により、麻痺が残ってしまったという高齢者の方もいるかもしれませんが、以前のように自立できるようになるためには、リハビリを行わなければなりません。

そんな利用者さんのサポートを行っているのが理学療法士であり、生きがいや目標を叶えるためには装具の装着を提案することもあります。

装具の装着に抵抗感のある利用者さんの場合には、杖による歩行と装具を装着した時の歩行の様子をビデオに撮って比較してもらい、装具を装着している時には姿勢や歩くスピードも改善していることを理解してもらえるのです。

利用者さんの体の状態を正しく把握した上で、その方ができることを探していき、自立した生活が送れるような療養プランを考えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事