理学療法士の仕事の流れとは

介護施設では、利用者さんの身体能力向上のためにレクリエーションや機能訓練、リハビリを実施していますが、それを指導してサポートを行っているのが理学療法士なのです。

理学療法士は、直接的に人と関わって体の不自由な方の役に立てる仕事であり、体の動作の専門家として、障害のある高齢者に対してリハビリを行って支援しているのです。

利用者さんとコミュニケーションして信頼関係を築くことにより、スムーズにリハビリを進めることができるのです。

介護施設では、一緒に働く介護職員と連携して、利用者さんが自宅で生活できるように手伝いを行っていますよ。

身体機能を向上させるだけでなく、利用者さんが自宅に戻った際の生活環境を整えるためのサポートも仕事の一つなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事