ケアマネージャーの役割とお仕事

介護の仕事にも色々な種類がありますが、今回はケアマネージャーにはどんな仕事と役割があるのかについてご紹介いたします。

介護支援専門員と呼ばれているケアマネージャーは、介護を必要としている利用者さんに寄り添って、介護保険のサービスをご利用いただけるようにケアプランを作成したり、各事業者との調整を行うなど幅広い仕事を行っています。

利用者さんのご自宅を定期的に訪問して、会話の中で介護に関する要望や目標を把握して、その人らしい生活がおくれるよう支援をしているのです。

訪問後には、利用者さんの目標などを達成するためにケアプランという計画を作成したら、介護サービスを受けてもらうための手続きを行い、この計画に沿って介護の支援が行われるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事