介護施設での看護師のお仕事

看護職員は主に医療機関で働くというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、介護施設でも活躍の場があるそうです。

介護老人保健施設は病院と自宅の中間の施設であり、退院後に自宅での日常生活が難しいという方が入所するので、在宅で生活できるよう自立を促したり、リハビリで在宅復帰の支援などを行っています。

在宅での生活を希望している方が、住み慣れた地域でその人らしく暮らすことが大切であり、看護職員は看護の面からサポートを行うのです。

看護の目標や個別ケアを設定したり、内服薬の管理や受診の対応、医師の指示のもと点滴や採血を行ったり、痰吸引や肺のケアなど、介護スタッフと連携して健康維持のための援助が主な業務と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事