介護事務の資格って?

介護の資格は実際に被介護者の方と触れ合うものが多いですが、今回ご紹介するのは介護施設の事務所で働くのに持っておくと良い介護事務の資格です。

介護事務とはケアクラークとも呼ばれる資格で、主に介護保険等を通して福祉サービスを受ける時、もしくは受けた時にそのサービスにかかる費用を算定するお仕事が主な内容になります。
この資格にはもう1つ特徴があり、取得する気になれば早くて3日で資格が取得出来てしまうという点です。
資格を取得する為には講座を最後まで受講すれば良く、修了試験等も設けられていないため、早く取得できるんですね。

講座の種類も問わず、実際に通学でも良いですし、最短でなくて良いのなら通信講座だけでも取得できますから、忙しくても資格を取得したいという方にもおすすめです。
介護保険のことを学べるので、今後家族の介護が必要になりそうだから知識としていれておきたい、なんて方にも気軽に受けてもらえると思います。

一点注意したいのが、もし履歴書の資格欄に書きたいのならば、民間が行なっている介護事務試験を受けなければならない点です。
試験は多くの団体が行なっていますが、どの試験でも資格の扱いは同じですから、受験したい時期が合うところなどで選んでいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事