福祉用具専門相談員とは

福祉用具専門相談員の資格は、高齢者の方が介護保険を使い福祉用具を利用する時、利用者の状況にあった福祉用具を選んだり、利用している福祉用具の適切な利用のサポートを行なう専門資格です。

計50時間の内に講習と修了評価試験を受ければ取得出来る資格で、受講資格は特に定められていません。
この資格を限定で求めている求人は中々ありませんが、福祉用具のレンタルや販売のお仕事を考えているのなら、ほぼ必須の資格と言えます。
また、制度が変更されたことで、福祉用具専門相談員の活躍の幅が広がっているため、これから更に注目を浴びる資格であることは間違いありません。

更にキャリアアップを目指すのなら、福祉住環境コーディネーターの資格も取得するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事