介護福祉士の仕事内容とは

介護の資格には色々な種類がありますが、今回はその中の介護福祉士という資格についてご紹介いたします。

介護福祉士は、障害や高齢により困っている人を助ける仕事であり、介護施設で仕事を行う場合と、利用者のご自宅に訪問する場合があります。

主な仕事内容として、身体介護では食事や排泄、入浴や歩行の介助を行い、日常の料理や掃除、整理整頓や買い物、洗濯や通院など、家事のお手伝いを行う生活援助を行っています。

他にも、介護に関することで悩みを抱えている利用者やご家族の相談に乗ったり、社会活動の援助では、適切なアドバイスを行う相談・助言や、利用者や家族が地域で孤立しないよう援助を行うのです。

コミュニケーション能力が求められる仕事ですが、利用者やその家族から感謝されることでやりがいを感じられますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事