介護福祉士の資格、取得するべき?

介護の仕事には幾つか種類がありますが、その中でも介護福祉士の資格は取得した方が良いのでしょうか?

国家資格である介護福祉士の資格は取得するまでが大変かもしれませんが、資格を取得するまでに費やした勉強時間や勉強した内容は、後々現場で役に立つと言われていますよ。

経験が自分自身の役に立つだけでなく、利用者さんの助けにもなりますし、現場で知識を持った状態でスムーズに働く事ができるのです。

介護福祉士の資格さえ持っていれば、他の介護施設などでも働き口に困らないと言われていますし、就職先の選択肢も広げられますよ。

資格を持っていると資格手当などが貰えたり、待遇面や給料面でも資格を持っていない人と差がつくので、介護の現場で働きたいと考えているなら取得して損のない資格です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事