介護資格の詳細や取得の仕方などの情報サイト!

ケアマネージャーになるメリットとデメリットとは?

ケアマネージャーになるメリットとデメリットは何なのか知っていますか?

ケアマネージャーになるメリットは、介護の現場だと身体的な負担が大きいため、仕事を続けるのは年齢によっては難しいと言われていますが、ケアマネージャーの業務は現場よりも身体的な負担が少ないのです。

それによって、現場で働くよりも長く高齢者と関わる事ができる仕事ですよ。

事業所との連携が必要なので、働いているうちにマネージメントスキルをアップさせる事ができるのです。

ケアマネージャーになるデメリットは会社によって抱える利用者の人数が異なりますが、キャパオーバーな大人数を抱える事になる場合もあるのです。

ケアマネージャーは、給料はそこまで高くないと言われているため、給料を気にしている人には向いていないでしょう。

関連記事