介護資格の詳細や取得の仕方などの情報サイト!

社会福祉士になるために、どんなルートがある?

社会福祉士の資格は国家資格ですから、試験に合格する必要がありますが、試験を受けるためには受験資格が必要なのです。

受験資格を手に入れる方法はいくつかあり、福祉系の4年生大学や短大、養成施設にて基礎科目や指定科目を履修して卒業する方法が一般的だと言えるでしょう。

相談援助の実務経験がある人は短期養成施設でカリキュラムを履修し、一般の4年生大学などを卒業している人は一般養成施設などでカリキュラムを履修するというルートがありますよ。

受験を受けるには費用がかかり、試験は年1回・2月上旬頃に行われるため受験勉強をして試験に挑みましょう。

社会福祉士の国家試験に合格できたら、すぐに社会福祉士として働ける訳ではないため、社会福祉士としての登録申請の手続きを忘れずに行いましょう。

関連記事