介護資格の詳細や取得の仕方などの情報サイト!

ガイドヘルパーってどんな仕事?

ガイドヘルパーは介護職の一種ですが、どんな仕事があるのでしょうか?

ガイドヘルパーは移動介護従事者が正式名称であり、障害を持っていて外出が難しい人が外出するときに介助を行うのが仕事ですよ。

車椅子の介助や視覚障害者の同行支援、公的な場所から趣味の外出まで幅広く対応する事になり、移動以外にも着替えの着脱介助を行ったり、代読や代筆の支援を行う事もあります。

ガイドヘルパーの活躍の場所は複数あり、老人ホームや障害者施設、訪問介護や在宅介護のサービスなど様々な場面で仕事ができるでしょう。

ガイドヘルパーの資格は障害別に取得する事ができ、障害者のQOL向上のために必要な仕事ですから、興味がある方は資格の取得を目指しましょう。

関連記事