介護資格の詳細や取得の仕方などの情報サイト!

社会福祉士と社会福祉主事の違いとは?

介護関係の資格には様々な種類がありますが、社会福祉士と社会福祉主事という資格にはどんな違いがあるのか知っていますか?

社会福祉士は国家資格ですから取得の難易度が高く、資格試験に合格しなければ手に入れる事はできないのです。

資格を受験するためには幾つか条件があり、4年制の福祉系大学を卒業したり、福祉系短大を卒業して現場で数年ほど働いたり、実務経験を積む事によって受験資格を得られるのです。

社会福祉主事は任用資格で、大学や短期大学にて指定の科目を3科目以上履修すれば卒業後に得られる資格ですから、この資格を取得するためには資格試験を受ける必要はないのです。

社会福祉主事は元々公務員向けの資格であり、行政で福祉に関する専門的な相談に携わる上で役立つ資格です。

関連記事